ホットヨガで妊活!

『妊活とホットヨガ』

 

今や若い女子に大人気の「ホットヨガ」。あなたはやったことがありますか?

ヨガをやったことがある、という方の半数以上の方がホットヨガをやったとおっしゃいます。たくさん汗もかいて、デトックス効果も高いですね。

デスクワークで普段は全く汗をかかない、という方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

<ホットヨガはどんなヨガ?>

ホットヨガは普通のヨガと違って、湿度60%以上、気温38〜40度という高温多湿状態の室内でやるヨガです。

体が温まった状態で大量に汗をかきながらヨガができるので、体が硬い方でも動かしやすいという利点もあります。

体を温めながら、体幹を鍛えることができるので、体の深部にある子宮卵巣の血流もとても良くなります。特に冷えやむくみが気になる方には良い方法でしょう。

 

<胚移植後はホットヨガをやっても大丈夫?>

ところがタイミングを取った後や、体外受精での胚移植後はホットヨガに限らず、体を積極的に温めることはNGという噂を聞いたことはありませんか?

受精卵は熱に弱いので、過剰に体を温めることは受精卵の着床を妨げてしまう可能性がある、と。不妊治療専門の病院でも、胚移植後は入浴やホットヨガを控えるよう指示を出す場合もあるようです。

でもしかし、本当に受精卵は熱に弱いのでしょうか?サウナやお風呂、カイロなど体を温める方法はたくさんありますが、その外側から温める熱が、果たして子宮の深部にある受精卵に影響を与えるまでの熱量なのでしょうか?

これらの方法は確かに体は温まりますし、体が温まることによって全身の血流は良くなります。でも受精卵を直接温めるわけではありません。調べてみてもこれ、という決定的な論文などは見つからず、医学的根拠がない情報のようです。

移植後に温めた方が良いかどうかは、一人ひとりの体質にもよりますし、環境によっても違うと思います。冬と夏では同じ人でも体の働きは違いますよね。

病院で入浴やホットヨガ禁止と言われる背景としては、感染症へのリスク回避と、体に過剰な負担をかけて疲労させてしまうことに配慮してのことではないかな〜と推測します。

いろんな情報が飛び交う中、何が自分に合う方法なのか。気になるものがあったら、ぜひ一度試してみて、その後の体調や気持ちの清々しさなど自分の感覚を大切にしていただきたいと思います。

ホットヨガも普段からのぼせやすい方や、汗かきの方、体力がない方には向かない方法かもしれませんが、気になる方は体験レッスンを受けてみて、合うかどうか判断されると良いと思いますよ。