症状別ページ

小さな幸福を振りまくと、大きくなって返って来ますよ。

赤ちゃんが欲しくて、結婚してしばらくタイミングにトライしてみたけれど、なかなか出来なくて、不妊治療をする事になった方が多いと思います。


最近は不妊治療の現実について、ネットニュースや雑誌などでも取り上げられることが増えましたし、テレビで不妊治療がテーマのドラマが、松ケンや深きょんといった有名な俳優さんによって演じられるなど、認知度として上がって来たように思います。


そのためか、不妊治療に早めに取り組むご夫婦が増えて来ているように思います。まだ30歳になったばかりなのに、結婚してすぐにエルミタージュ鍼灸院にもいらっしゃるなど、伺ってみると早め早めの対応が良いと思ったとおっしゃいます。


やはり何と言っても不妊治療治療では、年齢の若い方が、質の良い卵は採れやすいのです。


IMG_2570.jpg


その方の症状を補える医療技術を持っていて、且つレベルの高い専門病院へ通いながら、卵の質を高める鍼灸を行うことが、赤ちゃんを生むために一定の効果が現れやすいのです。


ただそれでも、不妊治療を始めたらすぐに結果が出る程、現実はスイスイうまくいく訳ではありません。


体外受精を受けても、採卵、培養、移植を何度も行う中で、やっと最後に良い卵が出来ることで、赤ちゃんという成功にたどり着いているのです。


その間の治療の結果が出ない時期には、ほとんどの方が悩み、悲しみ、悲観にくれるという経験をするのです。


さて、この時期の過ごし方は結構難しくて、だからこそそこに人間的な成長を得られる要素が、大きく介在しているように思えるのです。


物事がうまくいかない、そういう時こそ人はピンチと言いますが、実はこの時こそが成長のチャンスなのです。


なんで自分だけがうまくいかなくて、周り人はすぐにうまくいって幸せになれるのだろう?何て自分は不幸なのだろうと、誰しもが嘆くものです。そんな時は自分が、自分がという利己的な気持ちが先走りしていて、行動や思考に人の思いを考える、ゆとりが無くなりがちです。


そんな傾向が強く働く時こそ良い運気は、あなたを素通りしてしまいます。


ぜひそういう辛い時だからこそ、幸福を分かち合うマインドを思い出して欲しいのです。


人の幸運を讃えて、自分も喜び気持ちを持つことを心がけるだけで、あなたへの運気は高まります。いやいやこれは本当です。


押してもダメなら引いてみなと言いますよね。


IMG_2571.jpg


恋愛でも、仕事でも、想いが強すぎてうまくいかない時こそ、小さな喜びや感謝の気持ちを忘れがちなもの。


実は幸福は、与えれば与える程、不思議と回り還って来るものなのです。何事も心のゆとりが大切ということなのでしょう。