症状別ページ

人生に与えられた時間は限られています

人生に与えられた時間は限られています。


そんなの当たり前だよと言われそうですね。実際、いま不妊治療を行っている方は30代から40代の方が大多数だと思いますので、平均寿命が2017年の女性で87.14歳ですから、まだまだ人生は50年近くあるわけです。


そう考えると、まだまだ随分あるなあと思う人も多いでしょう。でももう少し考えてみると、健康で生活を十分楽しめる年齢は幾つくらいでしょうか?


IMG_2392.jpg


健康寿命を見てみると2017年で、男性が72.14歳、女性で74.79歳でした。簡単に計算して、75歳から87歳の12年間は、歳をとって何らかの病気を抱えながらの、不自由な12年間の後に死亡することになります。


仮に病気を患っていなくても、70歳からの生活は、今よりもずっと疲れやすくて、現在のようにスムースに思いのままにはいかないことが想像できますよね。


しかも平均寿命の伸びと健康寿命の伸びを比べると健康寿命の方が伸び悩んでいるのです。それは年老いてももっと生きられるようになっているけれど、老いて病気がちの時間は増えるということです。


私からすると、これは自分の老後としてはご勘弁頂きたいところです。ただ生きている時間が長いだけなのは、精神的にもかなり辛いですよね。


そう考えると、残りの人生でハツラツとして生きることのできる時間はずっと少なくて限られることになります。私は53歳ですから、仮に80歳まで生きたとしても残りは27年です。


さらに健康寿命の平均が72歳ですから、そこからマイナス8年が元気でいられる期間です。実質19年ですね。ん〜 短い!19年なんてあっという間にきてしまいます。


しかも今現在が、何もしなければ一番元気と言うことで、この先どんどん体力が落ちて何をするにも疲れやすくなり、身体能力も落ちることで、いろいろなことが出来なくなるのです。今でさえも、老眼は入るし動体視力は落ちる。集中力は若い時よりだいぶありませんし、バランス感覚も鈍っています。いろいろな病気にもなりやすくなるでしょう。


時間がありません。今と変わらないようなペースで生きていたら、やりたいことの多くをやれずに、早期に人生から退場になってしまいます。いやあ、そう考えると居ても立っても居られないですね。やばいです。


人生に与えられ時間は短いです。本当に。


IMG_2394.jpg


これを不妊治療における卵巣機能に当てはめると、どうでしょうか?


自分の命がなくなるわけではありませんが、子供を産めなくなるタイムリミットに当てはめると、こちらも確実に、そして静かに期限は誰にでもやってくるのです。しかも外見は若くてもそれとは関係なく、体の中では着実に老化は進行しています。


生殖機能という、大切な女性の特権を生かすのか?決めるのも何かを行動するのも、とにかく今という時が大事ですね。