症状別ページ

不妊治療では、モチベーションを保つのも大変ですね。

不妊治療では、モチベーションを保つのも大変ですね。


なぜなら治療に結果が出て、赤ちゃんに巡り会える時が初めて治療がうまくいった瞬間で、それまでの幾多の機会は全部失敗の歴史だからです。


体外受精で出産できる確率って、日本では15パーセントと言われていますね。ということは7回移植すると一人生まれているという計算です。


逆に返せば、6回移植して全部ダメでも普通ということ。もう一回頑張ったら平均値なので生まれる可能性があるという、暗示とも取れる数字ですね。


IMG_2341.jpg


早めに生まれて欲しい。そうすれば時間と手間と、お金の負担が少なくて助かる。そんな思いをあなたも持っていらっしゃるのではないでしょうか。


ただここでは、努力は報われるということを述べたいと思います。


実際のところ不妊治療の場合は、頑張ったからといって全ての人が子宝に恵まれる訳ではないのですが、仮に赤ちゃんが生まれなかった方にも、素晴らしいプレゼントを、神様は用意していてくれます。


人生では往々にあることですが、裕福で悩みなど何もないような、恵まれた条件に生まれた人ほど、以外に大した人物にはならず、多くの困難と苦労に行く手を阻まれた人ほど、のちに素晴らしい成功を収めることがあるものです。


どうしても成し遂げたいという強い気持ちを持ち続けることが、障害を跳ね除けて、夢を実現する原動力となるのです。恵まれない環境だからこそ、目標への強い渇望を持ち続けることが出来るのでしょう。


恵まれた環境で生まれた人や、ある程度の豊かさにすんなり到達してしまった人は、そこからのモチベーションを保つための燃料がありません。ほどほどの幸福感の中で燃焼する情熱を失って、まあいいかという世界に生きることになるのです。


なかなか子宝に恵まれない方からすると、まあいいかでも何でもいいから、赤ちゃんが生まれた方がいい!その方が幸せだとおっしゃいます。


ここでちょっと人生の先のことを想像して頂きたいのですが、赤ちゃんが出来て幸せになったとして、その後のことはイメージしていらっしゃいますか?


赤ちゃんが子供になって、思春期から大人になり、あなたから離れて行きます。あなたのお子さんの新しい人生を作る過程に、あなたはどんなビジョンを持って支え、育て、教育し、人間性を高めるための助力を続けるおつもりでしょうか?


IMG_2342.jpg


あなたの人生をかけて降り注いだ愛情と努力の結果は、「さようなら。ここまで育ててくれてありがとう。」という言葉に結実するのです。それこそが幸せと愛の真の姿とも言えるのではないでしょうか。


子供が生まれたから幸せになれるという、夢のような感覚の後に来る、人生という時の重さを明るく笑って迎えられるように、まずは今ある現実をしっかり受け止めて、凛として行動してみませんか。


それがきちんと出来るかどうか、神様もきっと見ていると思いますよ。私たちもフォローします。ゆっくり肩の力を抜いて歩き始めましょう。