症状別ページ

排卵日を把握しておこう!妊娠の確率を上げるためにできること

「夫婦生活も慣れてきて、経済的にも精神的にも安定してきた」
そういった方々で、子どもが欲しいと思っている方々は多いでしょう。


しかし、すべての方がすぐに子どもに恵まれるわけではありません。
こういった方々の中には、数ヶ月も妊活をしているのになかなか妊娠できないといった方もいらっしゃいます。


不妊で悩む方々には、不妊の原因として男性側と女性側ともに様々な理由が考えられますが、その一つとして排卵日付近での営みができていないということがあります。


つまり、排卵日を把握していないということです。


そこで今回は、不妊の悩みを解消すべく妊娠率を上げるために知っておくべき排卵日に関する知識をお伝えしていきたいと思います。


[なぜ排卵日の把握が大切か]


排卵日は妊娠率と大きく関わってきます。


排卵日付近で夫婦間の営みを行うことによって、妊娠率は向上します。


IMG_2504.jpg


卵子の寿命は精子の寿命より短いと言われており、24時間程度と言われております。


妊娠するためには24時間以内に卵子が精子と出会わなくてはなりません。


24時間以内に卵子と精子が出会うためには、予想できる排卵日やその前後を知っておかなければなりません。
排卵予定日の数日前に営みを行うことで、妊娠の確率は上がってきます。


[排卵日を知るにはどうしたらよいのか]


妊娠するために非常に重要な排卵日ですが、その頻度は月に1回です。


この排卵日は人それぞれ異なってくるので、ご自身の排卵日を把握するのが肝心になってきます。


排卵日を知るためにはいくつかの方法がありますが、その一つとして、数ヶ月間、体温を計測することがあります。


これによってご自身の基礎体温を知ることができます。
体温の計測を毎日欠かさずしてデータを取ります。


その基礎体温が激しく変化し始める日を見極めると排卵日を予測することができます。
この他にも、産婦人科に相談するなどたくさんの方法がありますので、ぜひ一度調べて見てください。



[まとめ]


以上、子どもを授かりたいとお考えの方々に向けて、妊娠率を上げるためになぜ排卵日を知っておくべきか、どのようにして排卵日を知るのかについてご紹介しました。


IMG_2505.jpg


排卵日は月に一回しかなく、卵子が精子と結びつく・妊娠率の上がる大切な日です。
そんな排卵日を把握しておくことは非常に大切だと言えます。


安心して子どもを授かるためにも、上記を参考にしてください。
弊社では、東洋医学の鍼灸を活用し、妊娠しやすい体づくりをサポートします。お気軽にご相談ください。