症状別ページ

妊娠の確率を上げるための精神面での2つのアドバイス

夫婦での生活も落ち着いて、子どもを授かりたいとお考えの夫婦はたくさんいらっしゃると思います。

子どもはかけがえのない存在ですし、夫婦間の仲を取り持つ存在でもあります。そんな子供を授かりたいと思っているのであれば妊活をされていると思います。

しかし、その妊活をされている人の中には、妊活を始めてから一定期間が経つのに子どもを授かれないなど、なかなか妊活がうまくいかずに悩んでおられる方も少なくないと思います。

そこで今回は妊活している方必見の精神面でのアドバイスについてご紹介していきたいと思います!

ストレスを溜め込まない]

IMG_2461.jpg

仕事を頑張りすぎていたり、妊活のプレッシャーを受けていたり多大なストレスを抱え込んでしまっている方々は多いです。

そういった方々は間接的にストレスが原因で不妊になっているかもしれません。

ストレスを抱えた人は、ストレスによってホルモンバランスが崩れ、そのホルモンバランスの崩れが妊娠率に悪影響を及ぼしているかもしれません。

ホルモンバランスは卵巣や子宮の働きと大きな関連性をもっているので、妊娠したいと考えている人にとってホルモンバランスを崩さない工夫は必要になってきます。

妊活中は夜に仕事をすることを避けたり、旅行に行ったり、趣味を気の赴くままに楽しむなどストレスを溜めない工夫をすることをおすすめします。

[婚活での悩みは夫婦で話し合う]

上記で述べたストレスの原因の一つである「妊娠できないことの焦りやプレッシャー」に関しては、仮に親しい友人であっても言いにくいかもしれません。

婚活のために仕事を減すことや趣味にあてる時間を増やすなどはもちろんですが、そういったよりパーソナルな悩みはこれからの人生のパートナーである夫に相談していくことおすすめします。

特に、不妊などの悩みは夫婦で話した方が、その悩みの根本的な原因の解明などにつながる可能性があります。

夫婦間で楽しい感情を共有していくことは大切ですが、同様に苦しい時期も共に励ましあい相談を重ねて乗り越えていくことでより強いパートナーシップになっていくことでしょう。

■まとめ

以上、子供を授かりたく婚活している方々に向けて、妊娠率を上げるための精神的なアドバイスについてお話ししました。

簡単に振り返ると、ストレスを溜めない工夫と夫婦間での相談してより強い関係性を築いていくことを大切にしましょう。
上述したことが妊活の一助になれば幸いです。

IMG_2462.jpg