症状別ページ

難しい。考えておきましょう。しょうがない。

難しい。考えておきましょう。しょうがない。


この難しい。まあ、しょうがないね。とりあえず考えて起きましょう。これらの言葉の使い方は注意が必要ですね。なぜなら、物事を深い思考やチャレンジから遠ざける言葉だからです。


ちょっと仕事で問題があった時に、会議などでその問題点について話し合うシュチュエーションがあったとしましょう。現状を考えると難しいですね。これは難しいのではなくて出来ませんねと言っているのです。そして、この件は解決策について考えなければいけませんね。では次の件...


IMG_2328.jpg


そんな風に中途半端で保留状態にして忘れてしまうか、あるいは時間が経って問題点が放置出来ないほど大きくなってしまってから、もうこうなったらしょうがないね。この件は打切りにしましょうと言って諦めて放り投げてしまうことになるのでしょう。


そしてその責任はうやむやのうちに、また次の大きな問題が現れて、議題がそちらに移るのです。


こう言った大きな問題点は、物事の障害となって私たちの目の前に定期的に現れます。誰もが目を背けたくなるような嵐の予感を伴っています。何でこんなに問題ばかりなのだろう?!みんな口には出しませんが、そう思っています。


実はこの問題点に解決の目処をつけた後にチャンスはやって来るのです。


スポーツでもピンチの後はチャンスですよね。


ですから、この大問題というピンチがくると、その陰には大チャンスが隠れているはずです。


実はこの大きな問題点の陰にある本当の問題とは、私たちが大きな問題を目にした時に、その困難さや我慢が強いられること、傷つくことに対して恐れをなしてしまい、勇気が持てないがために半ば逃げてしまっていることなのです。


問題点を、それに向き合う自分と共に把握し、きちんと障害に目を向けて、自らを変える事で、この事態に改善やイノベーションの選別を付けることが試されているのです。


このことを避けようとして、難しい、考えておきましょう。しょうがないですね。と言った言葉を安易に使い、其の場凌ぎの人生を自分で作り出すならば、そのことの積み重ねが、いつか自分に帰ってくるでしょう。


IMG_2329.jpg


どう帰ってくるのかといえば、自信がない自分。信念がない自分。自分を偽る自分。実行できない自分。継続できない自分。我慢できない胆力のない自分です。


本当に気をつけたいですね。当然不妊治療でも、これらの言葉は頻繁に使われます。わたしはこの言葉を聞くとがっかりします。そうか、この方はもっと頑張れる人だと思っていたのに、残念...


学歴が高く、仕事にも能力が高く、裕福な育ち、容姿も淡麗。いかにも出来る人が、簡単にこれらの言葉を使って自己弁護しながら、治療から後退して行く悲しい瞬間です。


そんなことを知って、あなたは同じ間違いをしないで頂きたいとお願いをしておきますね。


やれば出来ます。問題が起きたら問題を変えるのではなく、自らが思考と行動を変えましょう。


きっと素晴らしい未来が訪れます。(笑)