症状別ページ

不妊治療で試される時。

体外受精のために病院へ行くと、待合室には多くの患者さんが待っていますね。そんな中にお子さま連れの方がいると、子宝治療の多くの患者さんにストレスを与えるという配慮からか、病院によっては子供の来院はお断りというところもあるようです。


また、不妊治療の結果が思わしくなくてストレスフルな時に、身の回りの知り合いが妊娠をすると、お祝いの気持ちを持ちたいけれど、手放しで喜ぶ事ができないといった話を良く聞きます。


こういった心境も理解できますよね。やはり努力を続けているのに結果が出ない時は、誰にとっても人生での大きな我慢の時期にいるのですから、素直な気持ちで現実を受け入れられないものです。マイナス思考や悲壮感が、心の底にくすぶってフツフツとしていそうですね。


IMG_2254.jpg


だた、そんな時期だからこそ、心の持ちように格段の注意が必要だと言えそうです。


なぜならそんな時こそ、その人の品格が現れてしまうからです。自分の境遇が悪いと、人の喜びにも賛同できないなら、自分がいつでも幸せでいることが価値観の中心で、もしそうでなければ、世の中は全て意味が無いという人になってしまいます。


それは、人に幸せを与える人間のスタンスと違うとは思いませんか?


現在の境遇が苦しくとも、いつか自分も努力して幸せを掴みたいと願っている方が好感を感じませんか?そしてそのために、あらゆる努力や行動も惜しまないというスタンスで、いつか自分もその喜びの輪の中に入ろう!という強い意志を持つ方が、成功する人としてふさわしいと思いませんか。


苦しい時こそ、生き方や行動の一つ一つが大切になるのではないでしょうか。


例えば、オリンピック選手を見るとどうでしょう。どんな有名選手にも不遇の時期はあるものです。怪我でトレーニングできない時や、選手生命の危機に晒されることもありますね。そんな誰も振り向いてもくれない時期に、トップアスリートは悲観にくれて、他人の成功を妬んでいるでしょうか?


仲間の選手がメダルを取って、自分がオリンピックに出場も出来ないからといって、仲間に賛辞も送れないとしたら、その選手はオリンピックに相応しいと思いますか?


不妊治療で結果が出ないから、すごく落ち込んでいるし、悲観に暮れているから子供を見ると、ストレスでどうにかなりそうだとしたら...


ちょっと思い起こして欲しいのは、


IMG_2255.jpg


そんなあなたに赤ちゃんができたなら、良いお母さんになれるのでしょうか?お母さんとして人を立派に育てる立場になった時に、赤ちゃんの将来にとって相応しい母親と言えるのでしょうか。


だから、辛い時こそ試されているのです。その試練をいかに越えられるか?その生き方や姿勢が大切ですよね。誰に試されているのでしょう?


それは多分、あなた自身にではありませんか。