症状別ページ

不妊治療は、第一歩が肝心。

赤ちゃんが欲しいと思ってまず始めるのはタイミングですね。そこでなかなか妊娠しないと、タイミングの時期や取り方がもしかして違うのかな?と思って病院でタイミング治療を行ってみたりしますね。


その際に、医師から不妊症の検査があるからやってみましょうと言われて卵管造影、フーナーテスト、精子の検査、女性ホルモン値の検査などを受けてみます。そうこうするうちにタイミング治療の過程で注射しておきましょうと、排卵誘発剤を使用されるようになります。


IMG_2084.jpg


それでも妊娠の反応が出ないと人工授精を数回やってみることになると思いますが、そこで何の反応もなければ体外受精も考えた方が良いと思いますなどと言われます。こうやって子宝への病院通いは、次第に不妊症治療のステップアップと化して行きます。


ここで問題なのは、不妊治療へのステップアップが医師主導で行われて行く事です。まず、あなたの卵巣や子宮の状態を検査で把握したら、その欠点や子供が出来にくい原因と思われる症状を、あなた自身がしっかり知るべきだと思うのです。


その状態は医学的にいってどういう事なのか、噛み砕いて理解できる助言を得られると良いのですが、それを行ってくれる施設やシステムがあまりありません。


不妊カウンセラーなどもいますが、病院による実績や医療レベルの違いを把握しているわけではなく、治療法も基本的なものを列挙する事はできても、では具体的にどの病院にすれば良いのか?といった選択のためのデータは持っていません。


そして、一般的な治療法よりもっと奥深い、各病院の医療現場レベルで進められている最新の培養技術などの情報もありません。


そういった中でより深い情報を得て、あなた自身の卵巣、子宮や体の長所、短所に対応できる医療技術の選択をすることから、正しい病院選びをする事が大切なのです。


さらに必要であれば質の良い卵を採卵するために、プラスアルファーの治療や生活改善をするかどうか?といった、複雑かつ難易度の高い選択と行動をその都度行うことに、赤ちゃんを得るための不妊治療の成功への道のりがあるのです。


現在では、ここがほとんど、たまたまはじめに通った近くの病院や、口コミを頼りに通ってみた病院の医師の治療や、紹介によって決まってしまうことが多いのです。


あなた自身には主導権もなく、さらにそこに疑問もなく、より深い情報や医学的な知識を得て見ることもなく、他動的に不妊治療が進んで行く事に最初の問題があるのではないかと思うのです。


IMG_2085.jpg


あなたの体をあなた自身が知り、あなたが主導権を持って治療を選択して、その結果が現在の医療で最善であることを確信して、あなたの将来の夢のために活かすことが望ましいと思いませんか。


その最初の行動の大切さ、第一歩をどう踏み出すかで、あなたの目標の方向に合ったスタートができているかが、その後の1年〜2年を決定してゆきます。その先に選択を誤ったかも?と気が付く事があったとしても、過ぎてしまった時間は戻りません。だからこそ行動の質が大事です。まず初めの行動に、より多くの要点が詰まっているのです。