症状別ページ

あなたは、一貫した不妊治療が出来ていますか?

気持ちにブレがなく、あなた自身が行っている体外受精などが、例え現在は良い結果が出ていなくても、強い決意で継続できているでしょうか?


不妊治療で体外受精を続けていると、採卵、培養、移植のスケジュールが目まぐるしくやって来ます。一回の採卵、移植で、すぐに赤ちゃんに恵まれると良いのですが、一般的に体外受精は7回やると、一人赤ちゃんが生まれているという統計も出ています。


IMG_2020.jpg


要するに、体外受精は高度生殖医療の中でも、最後の砦的な医療ではあるけれど、これをやったらすぐに結果が出るかと言えば、そうでは無くて、採卵や移植を複数回やることで、やっと一人の出産に漕ぎ着けてるという実態が浮かび上がるのです。


人間の出産自体が、ランダムにしか起こらないものということもありますが、女性の結婚年齢が上がった事から来る卵の老化や、男性側の精子の老化という問題が顕著になっている事も重なっているのでしょう。


そんな環境の中で、例えば35歳で結婚をして1〜2年してから子作りを始めたとすると、タイミングを半年から1年ほど取ってみたところで、妊娠の反応が何も出ないといった結果が出ても、さほど驚くべき状態では無いと言えるでしょう。


ご存知の通り、38歳くらいから女性の卵巣機能は右肩下がりに急激に老化して機能が落ちていきます。ですから、治療の選択のステップアップが一つ多くなるだけで、多くの時間とお金が無駄になってしまいます。


この治療の経過で、何が実は良いのか?あるいは何が良くなかったのか?どうしたらより良かったのか?正解は何なのか?あなたには分かりますか。
なかなか答えは見えにくいですよね。


治療の方向を正し、あなたの赤ちゃんを生むためにベストな病院や治療法を選ぶ方法を知る事ができれば、全く違った結果を得るチャンスが潜んでいます。


それをどう見つけるのか?


IMG_2022.jpg


どうしたらよりベストな、赤ちゃんを生むという、あなたの目標に無駄なくアプローチできるのか?


一貫した不妊治療をする事ができるのでしょうか?


正直、あなた一人ができる事にも限界があります。ネット上にある情報も、その量は多いのですが、質は一般の方のブログや広告的要素が優先された記事が多くを占めています。


だからこそこんな時は、エキスパートの意見を聞いてみるのが一番早いのです。
時間を無駄にせず、最大限の効果を得てあなたの不妊治療を成功に導いてくださいね。