症状別ページ

あの時〇〇をしていたら...あなたはそんなこと言ってませんか?

不妊治療をずっと頑張って来たのに、卵巣の老化が進んで来て良い卵が採れなくなって来ると、だんだん採卵が出来なくなるものです。


そんな時に期待した採卵が不発に終わり、採れた主席卵胞が空砲だったり、あるいは、採卵自体が何度も中止になると気持ちが落ち込んで、不妊治療もそろそろ終える時期なのかなと、悲しみに沈んでしまいます。


そこでどうしても出て来る言葉が、「もっと早く子作りをしておけば良かった」です。心情的には分かりますが、あの時〇〇しておけば良かったという言葉は、あなたの脳にしっかりと染み込んでしまい、思考や行動の根っこにしがみ付いて、これから先の人生にも時々顔を出すようになってしまいます。


IMG_1940.jpg


それはあなたがあなた自身を、心の中で悲しい失敗者という認定をしてしまう行為でもあるからなのです。ですから、今からこの自信を失ってしまったハートに、新たな素晴らしい成功の歴史を上書きして頂きたいのです。


あるいはこの発言を心の中で否定して、この辛い経験の中から学びを得て欲しいのです。大切な気づきを得て自らの糧として、心身共に進歩した実感を宝物に気持ちよく、新たな人生のステップに向かう勇気を取り戻してください。


あなたの強さや、優しさ、我慢強さや、しなやかさをしっかり肯定してください。治療を継続すると決めたのなら、現在のあなたにできることを見極めて、不妊治療を現在の医療の最高レベルの病院でやりきって下さい。


あなた自身にできる体質改善や、卵の質を少しでもアップさせるために鍼灸治療など、チャレンジしてみたいものがあれば、トライすることも大切ですね。


不妊治療をやり切るためにプラスになるものや、専門病院の選択が本当にただしいのか?刺激方法や培養のレベルは本当に高いのか?あなたのAMHのレベルと刺激方法がリスクを考慮したものなのか?


排卵誘発剤によって卵の質が上がる訳ではない事を、きちんと認識しているのか?


これを機に新たに考察して、実際の治療をより効果的にする方法に切り替えて下さい。


IMG_1943.jpg


あなたのイニシアティブを発揮して、最新で深い情報を導入して、心を強く持って今までとは違う答えを導いて下さい。


落ち込んでおやすみ周期になり、気がついたら数ヶ月が過ぎてしまい、大切な時間が失われる事は避けて下さいね。それはあなた自身の未来への背徳行為になってしまいます。


今、行動を起こさなければ、あなたの運命を、あなたが決める事ができません。何よりそれが人生にとって大切だとは思いませんか。あなたの将来はあなたが決めて、そして上を向いて生きる方が、凛として清々しいはずですよね。