症状別ページ

不妊でお悩みの方必見!妊娠確率を高めるための「よもぎ蒸し」についてご紹介

まず前回までの記事の復習として、「卵の質」の重要性についておさらいしましょう。
卵子は生まれた時が一番多くて、その後はかなりのスピードで減少していきます。
したがって卵子の「量」ではなく「質」が重要になってくるのです。
具体的には、綺麗な円形で受精しやすい卵子が質のよい卵子と言えます。


しかし、細胞の老化が進むことでいびつな形になってしまい、妊娠する確率が下がってしまいます。
ですので、細胞の老化を鈍化させて、「卵の質」を高めていくことが根本的な不妊対策になります。
そこで今回は具体的な対策として「よもぎ蒸し」に焦点を当てて紹介していきます!


○よもぎ蒸しって何?
よもぎ蒸しは韓国で数百年の歴史を持つ民間療法です。
よもぎを煎じて下半身を中心に蒸す方法で、よもぎの薬効成分とスチーム効果で美容や健康に役立つと考えられています。
日本国内でも人気の療法で、よもぎ蒸し専門店もあります。また、美容や健康以外にも卵子の質を高めることで非常に注目を集めています。


○よもぎ蒸しの効果
・子宮をあたためて着床しやすくする
せっかく受精しても子宮が冷えて不健康な状態だと受精卵が子宮に着床しづらくなります。


IMG_1836.jpg


また、着床しても子宮の働きが弱まっているので流産などの危険が高くなります。
このようなことを避けるためにも子宮の温度を高く保つことは大事です。
よもぎ蒸しは子宮と卵巣両方を温めてくれるので、着床しやすく妊娠しやすい体づくりに効果的だと言われています。


・女性ホルモンのバランスを保つ
血行不良や冷え症が原因でホルモンバランスが乱れると毎月の生理と排卵が正常に行われない可能性があります。
いつでも妊娠できる環境にしておくには普段から女性ホルモンのバランスを正常に保つ必要があります。


・子宮内のホルモンバランスを保つ
血液循環が良くなり、酸素たっぷりの新鮮な血液とともによもぎに含まれるタンニンが全身をめぐります。
タンニンには解毒作用があり、身体の中で滞っている老廃物や毒素を発汗により外に出してくれます。
子宮内の不純物が取り除かれ、生理周期も改善されるので、子宮本来の機能が活発になり妊娠しやすくなります。
これが卵の質の向上に効果的なのです。


・リラックス効果
よもぎに含まれる香り成分であるシオネールが脳神経を鎮静化しストレスを緩和してくれます。
優しい香りに包まれて心も体も安定し、新しい命を育むために妊娠力も活性化します。


○いつ行うか
適切な使用タイミングは、整理が終わった直後に1回、その後排卵日までの間に1.2回です。
また、よもぎ蒸しは継続的に行うことが重要です。


以上でよもぎ蒸しでの不妊治療の紹介を終わります。ぜひ継続的によもぎ蒸しをしてみてください!