症状別ページ

妊娠確率を高めるのに重要!体内のミトコンドリア活性化方法をご紹介!

まず前回までの記事の復習として、「卵の質」の重要性についておさらいしましょう。
卵子は生まれた時が一番多くて、その後はかなりのスピードで減少していきます。
したがって卵子の「量」ではなく「質」が重要になってくるのです。
具体的には、綺麗な円形で受精しやすい卵子が質のよい卵子と言えます。


しかし、細胞の老化が進むことでいびつな形になってしまい、妊娠する確率が下がってしまいます。
ですので、細胞の老化を鈍化させて、「卵の質」を高めていくことが根本的な不妊対策になります。
そこで今回は具体的な対策として「ミトコンドリア」に焦点を当てて紹介していきます!


○ミトコンドリアとは?


いきなり難しそうなカタカナが出てきて戸惑っているかもしれませんが、ミトコンドリアとは簡単に言うとエネルギー物質を作り出す発電機のようなものです。
ミトコンドリアは約60兆個ある人間の細胞の1つ1つに数百から数千含まれていて、およそ体重の約10%も占めているんです。

IMG_1835.jpg


食事でとった栄養素は分解された後、血液によって全身の細胞に運ばれます。
このとき活躍するのが細胞中のミトコンドリアです。
脂質、ぶどう糖、アミノ酸、酸素を燃料にATPと呼ばれるエネルギー物質を作り出します。
マウス実験ではミトコンドリアの多いマウスは少ないほうのマウスよりも持久力が大幅に高いという結果が出ているのです。


したがって、ミトコンドリアの数が多く、活動が活発な卵母細胞ほど質の良い卵子に発育、成熟するのです。
ミトコンドリアは、加齢、喫煙、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足、ストレスなどによって減少・機能低下します。
ミトコンドリアを増加・活性化させるには「エネルギー供給」と「抗酸化」が大事になってきます。


○ミトコンドリアの活性化方法


・有酸素運動


有酸素運動は体内に多くの酸素を取り入れられるので活性化につながります。
具体的にはウォーキング、軽いジョギング、サイクリングが挙げられます。
一日30分を目安に行うと効果が期待できます。


・深呼吸


ミトコンドリアは酸素を多く取り入れるだけでも活性化します。
運動する時間のない方は1日5回を目安に深呼吸を行いましょう。


・レスベラトロールを摂取


ぶどうの果皮に多く含まれるレスベラトロールを摂取することでミトコンドリアを増やせます。
ブドウや赤ワインがおすすめです。


・イースタティックミネラル


ミトコンドリアの機能改善・回復に働くイオン化ミネラル成分になります。
イースタティックミネラルはコエンザイムQ10を超える高抗酸化作用をもち、酸化により低下していたミトコンドリアを若返らせ機能回復に働きます。
サプリメントがあるので補給すると効果は大きいでしょう。


以上がミトコンドリアによる「卵の質」を高める方法です。
是非実践してみてください!