症状別ページ

基礎体温表が、ガタガタなんですけど... その1

基礎体温表がガタガタなんですけど...


患者さんでよくいらっしゃいますよね。基礎体温付けていたのですが、ガタガタだし、毎日同じ時間に起きなければいけないこともストレスなので止めました。


基礎体温表を付けても、その線から何が読み解けるのか?よく分からない上に、これを基準にしてタイミングなどを取っても、結果がなかなかうまくいかないし、排卵検査薬を使ったら、基礎体温表とは全然合わないので、やっぱり意味があるとは思えない。


こんな感じで、基礎体温表をだんだん付けなくなります。また、不妊治療がステップアップして進むと、AIHから体外受精へ、そして顕微授精へと治療そのものが変わっていき、タイミングを取ることもなくなって、いつの間にか基礎体温は忘れ去られるのが行く末でしょうか。


体外受精、顕微授精のみの高度生殖医療専門病院の中には、基礎体温をつけていないと、初診を受け付けてくれないところもありますので、こういった病院に転院する患者さんにとっては、ここに来て何で今更?と思いつつ、しばらくぶりに体温を測り始めることになります。


IMG_1667.jpg


また、その際には検温のやり方が問われたりします。多分あなたも体温計で基礎体温をつけたことがあるとは思うのですが、まず大切なのが舌下で計ること。
舌下は口にくわえるだけではありません。ベロの下で図るのです。なんでこんなところで?面倒臭いと思われるかもしれませんが。


そう、基礎体温は毎朝時間を決めて同じ時間に計る事と、起きてから布団の中で、舌下で計ります。これは、あなたの本来の自律神経の管理下で、時間的にも基準を決めて体のコアの体温を計ることで、女性ホルモンの分泌の変化を見るためなのですね。


続く