症状別ページ

不妊鍼灸は効かない? その1

不妊治療の専門病院に、いくつも通ってみたけれど子宝に恵まれないので、鍼灸が良いと聞いて、不妊鍼灸院にも通っているけれど、鍼灸の効果は感じられない。そんな書き込みをブログなどで見かけることがあります。


その方からしてみれば、「鍼灸なんて効かないんじゃないの?」ということを言いたかったのだと思いますが、病院の不妊治療なら、実は効果なんてないんじゃない?とは言わないですよね。


その病院の治療が症状に対応できなかったか、そもそも難易度が高くて治療自体が難しかったと判断しますよね。もしかしたら、不妊鍼灸治療そのものが全部、効かないという話ではなくて、その鍼灸院が効果的な治療を施せなかったのではないでしょうか。


ただ正直、この不妊鍼灸院は良く分かっているなと思えるような治療院が、私たちの目から見ても、多くないというのが率直な感想です。不妊症の治療自体、もともと難易度の高い内蔵疾患にあることも大きいでしょう。


鍼灸治療の元々の得意分野が痛みや神経痛、自律神経系などの症状だということを考えても、この不妊治療が見えない臓器に対する機能の賦活や、体質改善が目的ということ自体、治療の組み立てや効果の判断さえも難しいものだということを表していると思います。


IMG_1601.jpg


また、高度生殖医療との連携をほぼ前提にして鍼灸治療を構築しなければならない点も、東洋医学大好きで、西洋医学にあまり頼りたくないと考える多くの鍼灸師からすると、踏み込めない領域であったりするでしょう。


そして決定的にこの不妊鍼灸が他の鍼灸治療と違う点は、治療の結果が白か黒かではっきりと出てしまうことですね。


結果が患者さんの人生にとって重大な意味を持っていることは決して忘れることのできない大切な問題です。これは鍼灸師にとっても、非常に大きな課題を背負い込むことを意味します。


生まれるか?あるいは生まれないか。これだけ大きな問題で、しかも答えがハッキリ出る事が与えるインパクトは、当事者のご夫婦だけではなく、そのご両親や両家に、綿々と子孫を受け継いできた、祖先からの願いをも含んでいるのです。


続く