症状別ページ

お灸は、一日に何回すればいいのですか?

お灸をしていただくのは、刺激の回数を増やすためです。


そもそも不妊治療の中でなぜ鍼灸をやるのか?といえば、卵の質を高めるために卵巣を鍼灸でツボ刺激して、卵巣の機能をアップするためです。


卵巣の機能が若い時のようにアップしてくれれば、卵巣の中にある卵胞が、5ヶ月間かけて育つ減数分裂の後期における、染色体の転写のミスが減ってくれるかも知れない。そこを狙っているわけです。


このミスが、卵巣の老化とともに多くなることで、見た目には良さそうな受精卵(胚盤胞)を何度も移植しているのに、受精しなかったり、着床しなかったり、あるいは妊娠9週目までに流産になってしまう。そんなことを繰り返すことになってしまう。そんな方が日本にもいっぱいいる状態なのです。


卵巣の機能が若い時は、減数分裂時のコピーミスが少ないために、体を作る(細胞分裂をする際の)設計図にコピーミスが少ないので、受精、分割、着床、妊娠継続、出産と、子供を作り出産するまでの過程は、お母さんも、そして生まれてくる赤ちゃんも遺伝子に書かれた通り、予定通りに進む割合が高いのです。


そもそもそういった若い時の卵胞のように質の高い卵を、年齢が高くなってしまった現在でも作るために、染色体の転写時期にアプローチしようというのが私たちの鍼灸治療ですし、そのための鍼灸によるツボ刺激なので、刺激がより効果的であることと、刺激の回数が多いことが必要になります。


治療の目的が、あなたの卵巣の力をアップすることですから、これを例えるなら、あなたの体を若い時のように鍛えるという事なのです。からだを鍛える時に、一番必要なことは何でしょうか?


そう、筋力トレーニング、有酸素運動ですね。一言でいえばトレーニングです。
トレーニングは誰にとっても辛いのですが、結局これを毎日積み重ねる先にしか、あなたの体を変化させる方法はないのですから..

IMG_1418.jpg

お灸は、あなたの体(卵巣)を鍛えるためのトレーニングだと思ってください。


あなたがもし、より体を鍛えたいならどうしますか?月に一回のトレーニングでしょうか?週に一回ですか?週に一回のトレーニングであなたの体は変わりますか?スポーツ選手やプロはどうでしょう?


やっぱり、プロと言われる人を思い浮かべると、毎日何らかのトレーニングをしていますよね。それも何年にも渡って。日々の積み重ね無しで、成功した人っていないのでは?ないでしょうか。


ここまで考えたら、あなたが何を選択すべきか?もうお分かりですね。