症状別ページ

鍼灸で体質改善!不妊治療の効果を高めましょう

「鍼灸が不妊にいいというのは、知り合いから聞いたことがあるけれど、なぜいいの?」という、漠然としたお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
無理もありません。なぜなら鍼灸治療はそれだけ奥の深い治療法だからです。
今回はできるだけ簡潔に、分かりやすく、鍼灸がなぜ不妊に対して効果的なのかを紹介します。

■「冷えは女性の大敵」


「子宮は冷やさないようにしてね」「体をよく温めて」そのような言葉をかけられたことはありませんか?
「冷え」は女性の天敵、不妊治療中の女性の天敵です。
体が冷えると、体内の血行が悪くなります。


妊娠には不可欠な女性ホルモン。その「女性ホルモンを分泌しなさい!」と、卵巣に女性ホルモン分泌の指令を出すホルモンが、分泌されにくくなってしまいます。
それによって、女性ホルモンのバランスが、崩れてしまうのですね。


女性ホルモンは着床の安定、継続や卵胞の成熟に必要不可欠なホルモンです。
鍼灸は東洋医学のひとつなのですが、その東洋医学では「冷え」を「根本的な冷え」と呼び、体のあらゆる不調は冷えからきていると考えます。
それを解消するための医学が、東洋医学です。鍼灸治療で全身の血の巡りを良くして、冷え体質を改善させることが可能です。それによって、体全体の不調を整えて、妊娠しやすい体づくりを行なっていきます。