症状別ページ

3ヶ月続けてみて!不妊治療の効果を高める鍼灸院への通院期間

鍼灸院での不妊治療は、体質を改善することによって行います。
「体質改善というと、なんだか時間がかかりそう」「もう時間があまりないから、効果のあることだけをしたい」そんなあなたにこそお勧めしたいのが、当鍼灸院での不妊治療です。

■不妊の原因である加齢

不妊の原因の1つは加齢。生理がある内は妊娠できるというわけではなく、実際は閉経の約10年前からほとんど妊娠ができなくなります。
20代後半で不妊に悩む確率は約9%であるのに対して、40代前半では約30%まで上昇します。
これは、卵子や卵巣の老化が原因です。


また、年齢が上がるにつれて、流産率も上がっていきます。
受精がうまく行えたとしても、子どもが生きて産まれてきてくれる可能性は、どんどん減ってしまいます。
できるだけ早く不妊治療を成功させたいですよね。それならば、鍼灸で、不妊治療の効果を高めませんか?

■3ヶ月以上週一回の通院で妊娠率が72.1%

当鍼灸院は不妊治療専門の鍼灸院です。
卵巣、子宮に本当に効果のあるツボを、エコーで探して、刺激します。人の細胞は作り変わるまで、3〜6ヶ月かかります。
そのことが影響しているのでしょうか。当院に3ヶ月以上週一回の通院をされた方の妊娠率は72.1%、出産率は48.8%です。(2015年1月1日から12月31日に初診を受けられてからの妊娠、出産、予定を含む)


頑張っても2、3人に1人しか出産できないとも言えますし、現段階の生殖医療の統計から考えると、非常に高い数値とも言えるでしょう。
しかし、確率は確率です。あなた自身に鍼灸治療が効果的かどうかは、受けていただかないことにはわからないでしょう。
鍼灸に興味があるなら、ぜひ週一回3ヶ月の通院を行なってください。継続することこそが、効果を最大化するポイントですよ。