症状別ページ

タイミングをきちんとやってみよう!そう思った時に。

「なかなか妊娠しないなあ」と思い始める頃に、多くの方はタイミングを少しきちんとやってみようと考えます。ネットを見ればタイミングの取り方が、今まで自分が思っていたものとは、ちょっと違ったりするのではないでしょうか。調べると、少しだけ医学的な、女性の体とホルモンの仕組みなども見つかるでしょう。


卵子が排卵されてから受精の可能な期間は12時間で、精子が膣から子宮内に入って卵管の先端の膨大部まで、たどり着いたものだけが受精できること。精子は子宮内の頸管と、卵管の膨大部で48時間ほど生存できることなどですね。


と言うことは、排卵された主席卵胞が12時間以内に精子と出会うことが必須条件だということが分かります。そのためには排卵日がわからないと、いつタイミングを合わせて夫婦がセックスをしなければならないかが分かりませんし、現実的に必要なこととして、旦那さんがきちんと射精しなければなりません。合わせて旦那さんは、健康で元気の良い精子をたくさん用意していなければならないわけです。


このタイミングについて私達がよくお話する事は、巷でよく耳にする「卵に精子をふりかける」というイメージではなく「精子が子宮内に常にプールを作っているようにしてください。常にプールの水が満ちていれば、いつ排卵しても卵胞は精子という水に飛び込むことができますね」でも「水がないプールでは、そこに飛び込んだ卵は、怪我しちゃいますよ」ということです。


IMG_1416.jpg
具体的にいうと、


1、 排卵検査薬が反応を初めてうっすら線が出始めたら、2日おきにタイミングを合わせる。


2、 最低3回。できれば5回ほどがベスト。

なぜなら、夫婦のスキンシップを増やし、女性ホルモンの分泌を促すため。そして、排卵検査薬の線が濃くなってから、36時間以内に排卵するという教科書通りに、排卵がいつも行われるとは分からないので、排卵日が前後することに備えるため。


なんにせよ、タイミングに関しては旦那さんへの要求も強まるというわけです。
それでは幸運を祈ります。