症状別ページ

不妊鍼灸というけれど、そんな鍼灸法はないのです!? その1

不妊鍼灸をうたう鍼灸院も増えましたね。そんなこともあって患者さんは子宝に恵まれるようにと、体外受精などの不妊治療を病院で受けながら、鍼灸治療を並行しておこなっている患者さんが増えています。


さて、ここでよく聞くのが、鍼灸ってどのくらい前からあるのですか?という質問です。現在の鍼灸の元は2000年前の中国で、日本の鍼灸はそれを日本人に合うよう室町時代ごろから改良されて来たものなのですよ。と言うと、ここで大体言われるのが、


そんなに古くからあるんですね。体を整えてハリやお灸で血流をよくすると子宝にいいんですね。卵巣や子宮を活性化するツボも昔からあるんですか?


特別なツボを使うと魔法のように子宮、卵巣が元気になるというわけではないんですよ。しかも不妊を治す鍼法(ハリ灸の治療法)そのものも、実際にこれ!というやり方自体が存在しなかったんですよ。と言うと、患者さんは...はっ???っとなります。


IMG_1513のコピー.jpg

それはそうですよね。不妊を治療するために鍼灸院に来ているのに、不妊を治す鍼灸法は存在してこなかった。と言われているのですから。今やってもらっている不妊鍼灸法は、2000年前からあったんと、ちゃうんかい!?となりますよ。はい。


でもそんなものは2000年前にはなかったのです。つまり最近巷で不妊鍼灸と謳われている鍼灸法は現代のオリジナルの技術で、それぞれの治療者が改良している手技なのです。しかも病院による不妊治療では誘発剤やらオペやら採卵、受精、培養、移植と様々な現代生殖医療が施されることを、鍼灸は補完してゆく役割が求められています。


何故、2000年以前には不妊の鍼灸はなかったのか?


続く