症状別ページ

卵子の若さを保つ!日常生活編

「健康で妊娠しやすい身体」を保つには普段の日常生活から卵子の質に意識をおいて生活することが必要です。
健康な卵子の数が減ると不妊率も高くなっていくので、普段からの心がけが重要だと言えます。
 
今回は、卵子の若さを保つために日常生活から実践できることをご紹介します。
 

■体重管理

卵子のスピードの減少には体脂肪やビタミンD不足が関わっていることが最近の研究から明らかになってきました。
過度なダイエットをすることで体脂肪が標準値より落ちることは卵子の減少を進めるので、適度な体重管理を心掛けましょう。
 

■食事を心掛ける

また、不足しがちなビタミンDを摂取することも日常的に行えればかなり良いです。
ビタミンDが多く含まれる食材には、鮭やいわし、秋刀魚、いくらといった魚介類、
卵や豚肉、干しシイタケなどが挙げられます。
 
 
いかがでしたか?
意外と普段の生活から心掛けられる部分が多いとお分かりいただけたと思います。
妊娠しやすい身体つくりには普段から健康的な生活習慣を心掛けることが重要です。
気付いたことから改善していきましょう!