症状別ページ

FSHをご存知ですか?卵胞刺激ホルモンの役割について

妊活をされている方はFSHという言葉を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?
FSHは卵胞刺激ホルモンとも呼ばれているもので、生殖機能に関わるホルモンのことです。
 
不妊にお悩みの方は卵巣年齢(AMH)などを知る中でFSHという数値があることを知る方も多くいらっしゃいます。
事前に専門用語をしっかりと分かっておくことで、不妊治療の際にもスムーズに理解することができますよね。
 
そこで今回はFSHの役割についてお話します。
 

FSHの数値が高い方は不妊症の可能性も

まず、卵胞刺激ホルモンは名前のとおり卵胞を育てる働きがあり、この数値が異常値になった場合、不妊症や月経異常、更年期障害の可能性が疑われます。
 
卵巣の機能が弱っていると体は卵胞刺激ホルモンを多く分泌して卵胞を成熟させようとします。
そのため、卵胞刺激ホルモンの値が高いということは排卵に影響が出ていることが想定されるのです。
 
一般的に閉経した女性に見られる現象ですが、卵巣の機能が弱まることから若い方にも高い数値が現れる場合があります。
FSHの値が高い方は不妊症の可能性があるので、一度詳しく検査してみると良いでしょう。
 
 
次回のブログではFSHの値が高い時の治療法についてお話しますね。