症状別ページ

不妊の原因に!?卵子の質低下の対策

現在、6組に1組のカップルが悩まされていて、社会問題にもなり始めている不妊。
その女性側の原因として、卵子の質の低下が挙げられます。
 
この質の低下は加齢に伴って起き、ストレスによって加速することを前回の記事ではお伝えしました。
今回は、卵子の質低下への対策をご紹介します。
 

■生活面での改善

卵子の質を上げるため、またストレスに対応するために生活面での改善が必要です。
卵巣への血流量を増やせば卵巣がより働くようになるので、普段から適度な運動や冷え性の部位を温めるなどするように心掛けましょう。
 
また、卵子の老化を引き起こす「活性酸素」という物質を減らすビタミンEやポリフェノールを含む食材を多く食べるようにしましょう。
 
ちなみに、ビタミンEを含む食物には、植物油、アーモンドなどナッツ類、カボチャ、ウナギやタラコといった魚介類が挙げられます。
また、ポリフェノールは赤ワインや緑茶などに含まれます。
 

■内服薬による改善

生活面での改善以外に、内服薬によって不足している栄養素を取り入れる方法があります。
総合ビタミンやコエンザイムQ10、亜鉛やリン酸なども効果がありますが、特に有効だと言われているのがDHEAと呼ばれるホルモンの前駆物質です。
 
このホルモンは、年齢と共に体内から減少するので、抗加齢に役立つと近年論文でもその有効性が示される程です。
 
 
いかがでしたか?
卵子の質を改善していくためには、まずは生活習慣を整え身体に必要な栄養を取る、そして内服薬で足りない栄養を補う、という風に普段の生活から改めて行く必要があるのですね!
正しい知識を理解し、実践していきましょう!