症状別ページ

不妊にも原因があります!不妊症の6つの原因part1

「赤ちゃんが欲しくてもできない」不妊症に悩む方は妊娠を望む夫婦の全体の10%から15%と言われています。
年齢によっても不妊の割合は変わってきますが、10人に1人の割合と考えると不妊は誰に起こってもおかしくないことなのです。
 
原因が女性側にあるのか男性側にあるのかは、40%ずつという割合なので、どちらに原因があるのかは検査を行わないと明確に判断することはできません。
 
今回は女性側の不妊症の原因についてご紹介しますね。
 

■排卵因子

月経周期が不順で、卵巣での卵子形成や排卵に障害が起こるのが、排卵因子です。
排卵障害が起こってしまう原因にはストレスやダイエットが挙げられており、20歳~30歳でも発症してしまう可能性があります。
 

■卵管因子

卵管の炎症などにより、卵管周辺が癒着してしまい、卵子の取り込みが出来なくなることが卵管因子です。
卵管因子による不妊症の原因の大部分は細菌感染といわれています。
 

■子宮因子

子宮内膜の病気で受精卵の着床障害が起こるのが子宮因子です。
先天性の場合も原因の1つとしてあげられますが、ポリープができてしまうことが子宮因子の場合もあります。
 
 
不妊症と一言でいっても原因は様々です。
次回のブログでも不妊症の原因についてお話しますね。