症状別ページ

不妊治療のマメ知識!D、BT、ETって何?

不妊治療を行っている方や子作りに励んでいる方は、「D」、「BT」や「ET」といった言葉を耳にしたことがある方も多いでしょう。
でもこれらの言葉の意味をしっかり理解していないという方もいらっしゃるでしょう。
今回はこの「D」、「BT」、「ET」という言葉の意味をご紹介していきます。



・D、BT、ETとは?
Dとは「Day」の略で、生理開始日からの日数を表します。
BTとは「blastocyst transfer」の略称で、採卵2〜3日後の4〜8細胞期胚を戻すものを意味し、
ETとは「embryo transfer」の略称で、胚盤胞は、採卵5〜6日後まで育てた着床時期の胚を戻すものということを意味します。



・どういう使われ方をするの?
D23というのは「本日が生理が来てから23日目」を表すことになります。
またBT、ETともに、移植日=0日となり、翌日を1日目と数えます。
移植日がBT0、ET0となり、移植した次の日がBT1、ET1ということですね。


D23でBT12となると、生理が来てから23日目で移植から12日が経っているということです。
ただETというのはかなり専門用語なので、いちいち覚えなくてもお医者さんに聞いた方が早いかもしれません。



いかがでしたか。
言葉の意味を知っているのと知らないのとでは、理解度も違ってくるでしょう。
言葉の意味が分からない方は是非このページを参考にしてくださいね。