症状別ページ

現代人のミラクルフード!?「フラックスシード」とは

フラックスシードは和名で「亜麻仁(あまに)の種」です。あまり聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんね。
味も見た目もゴマに似ており、日本ではペットフードとして使われていることが多いのですが、欧米では美容・健康食品として広く知られています。
今日はそもそもフラックスシードとはどのようなものなのかをお話ししたいと思います。

フラックスシードの歴史は古く、ヨーロッパでは紀元前から健康食品として親しまれてきました。
9世紀のフランスでは、なんと当時の皇帝がフラックスシードを食べるように法令化したほど、その高い健康効果を評価していたそうです。

フラックスシードは現代人に不足しがちな栄養素が豊富に含まれています。
必須脂肪酸であるα-リノレン酸、ポリフェノールの一種であるリグナン、食物繊維が豊富で、メタボリックシンドロームや心臓病、糖尿病などの生活習慣病、便秘や骨粗鬆症、更年期障害など女性の悩まされる病気にも効果的です。
特にフラックスシードの食物繊維は不溶性と水溶性がバランス良く含まれるため、腸内環境の改善にぴったりだそうです。

次回はフラックスシードの効果的な取り入れ方をご紹介したいと思います。