症状別ページ

フラックスシードで病気知らず!食生活への上手な取り入れ方

前回は、医師や栄養士などさまざまな専門家がその健康効果、美容効果を認めている「フラックスシード」がどのような食材なのかをお話ししました。
今回は食生活への上手な取り入れ方をご紹介します。

フラックスシードは種のままだと消化しにくく、栄養素が吸収されにくいです。
そのため種を挽いて粉末状にしたものや、フラックスシードオイルを利用するのが効果的です。

風味はゴマに似ていますので、フラックスシードをゴマの代わりに使うのも良いですし、朝食のシリアルなどに混ぜても食べやすいですね。
フラックスシードオイルはそのまま飲むと少し生臭く感じる方もいらっしゃるかもしれません。
オイルは熱に弱いため加熱調理には使わず、ドレッシングの材料にしたり、オリーブオイルの代用としてパスタにかけたりするのがおすすめです。
1日に大さじ2杯くらいを目安にしましょう。

アメリカやヨーロッパのスーパーにはフラックスシードやフラックスシードオイル、フラックスシードのパンやシリアルなどが種類も豊富に並んでいるそうです。
日本ではまだあまり馴染みがありませんが、今日からちょっとずつ、食生活に取り入れてみませんか。