症状別ページ

出生前診断に期待されていること、注意したいこと

先日ご紹介した出生前診断の遺伝カウンセリングについて、やはり年齢が高くなるほど染色体異常を持つ赤ちゃんが増えるのは事実ですので、「カウンセリングを受けたい」という方の割合が多いようです。

中には「検査を受ける気はあまりないが、染色体異常の子が生まれてきた場合にどうすれば良いのかを相談したい」という方もいらっしゃいます。

遺伝子の専門家の方によれば、遺伝子診断技術がさらに発達すると、妊娠中にもっとたくさんの病気が分かるようになるとのことです。

胎児検査が染色体の本数異常だけでなく、小児がんや自閉症などの疾患についても遺伝子レベルで研究が進み、さらにはアレルギー体質や能力までに及ぶ可能性もあります。

これは技術的な進歩でいえば大変すばらしいことです。
一方でこうなると、出生前診断の対象が高齢出産や何らかの原因で懸念をお持ちの方以外の、本来であれば検査の不要な妊婦さんにまで及び、頭を悩ませる原因にもなりかねません。

つまり技術が発展するほど、検査を受けるか悩む人やその結果に戸惑う人が出てくるということです。

目まぐるしく変化してゆく時代ですが、最新の技術に捕らわれすぎないようにしたいものです。