症状別ページ

卵子の在庫数は年齢差よりも「個人差」が大きい!

前回ご紹介したAMH(アンチミューラリアンホルモン)検査の値は、体外受精で排卵誘発剤を使った時に育つ卵胞の数、つまり採卵数とよく相関し、採卵数の多い人はやはり妊娠率が高くなります。
この検査が実施されてきて明らかになったのが、卵子の数は年齢によるものが大きいことはもちろん、「個人差」がかなり大きいことです。


AMH検査のデータ分析によると、年齢が高くなるにつれてAMHの値が低くなり、卵子の数が減る傾向はありますが、同年代であっても個人個人の値にばらつきが大きいことが目立ちます。
特に特徴的なデータは30代で、年齢との相関関係がほとんど見られません。
30代後半で20代と同じレベルのホルモン値の方もいる一方で、30代前半で40歳以上のホルモン値しか見られない方もいます。


このようなことが明らかになった今、一般的に高齢出産と言われる年齢だけで線引きをし、妊孕性を心配するのは意味がないということがお分かりいただけたと思います。
これからは年齢だけではなく、個人の状態を調べることが重要になっていると言えるでしょう。


あなたのの卵巣年齢を知ることに、少し抵抗があるかもしれませんが、これからの治療方針の見直しにも繋がる大事な事実。
ぜひあなたの子宮、卵巣の問題点を、あなた自身が数値で知ることから始めてくださいね。


現状解決にはまず、どこに問題があるのか?その問題を改善できる方法は何だろうか?
そこを早く知って的確に対応する。仕事でも何でも、物事を成功に導く方法は、ここに尽きるといっても良いのでは無いでしょうか。