症状別ページ

今や、卵子の「在庫数」が分かる時代に?

不妊の検査にはさまざまなものがありますが、最近注目を集めているのが「AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査」です。
この検査は卵子の「在庫数」を知る検査で、検査結果が「あなたの卵巣年齢は〇歳」という表現で出るため、「卵巣年齢検査」とも呼ばれています。
従来の検査とは異なる視点からの検査なので、詳しくご紹介したいと思います。


・AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査とは?
この検査は、卵巣に「あとどのくらいの卵子が残っているか」を推定できる血液検査です。
AMHとは発育過程にある原始卵胞表面の顆粒膜細胞から分泌されるホルモンで、抗ミュラー管ホルモンとも呼ばれます。


小さな原始卵胞は生理周期の影響を受けないため、いつでも検査可能です。
AMH分泌量が多いと原始卵胞が卵巣にたくさんあると考えられ、卵巣の在庫数も多いことが推定できます。


実年齢よりも高い卵巣年齢を告げられるとショックを受ける検査でもありますが、AMHの値は妊娠に重要な「妊孕性」に直接相関するわけではありません。
というのも、あくまでこの検査で分かるのは「卵子の数」であり、妊孕性に大切なもうひとつの要素である「卵子の質」には触れていないからなんですね。


とはいえこのAMHの数値を初めに調べておくということが、治療プランを考える上でも有用なのです。
実年齢がまだ30代前半だとしても、「私の卵巣年齢はどうなんだろう?」あなたは知っておきたいと思いませんか?