症状別ページ

産婦人科では、どんな検査をするの?

初診の場合、妊娠できる力を調べるためにいくつかの検査を行います。卵巣や子宮に問題はないか、妊娠に必要なホルモンはきちんと分泌されているか、精子は元気かを見ます。
一部の検査を除き保険が適用されます。
検査項目は医師の方針や施設の設備により異なりますが、主な検査をご紹介します。


・超音波検査
子宮や卵巣に婦人科疾患などの異常がないかを調べます。
卵巣の中の卵胞の大きさや子宮内膜の厚みもチェックします。


・ホルモン検査
血液検査や尿検査で調べることができます。
月経周期によって量が変化する重要なホルモンを調べ、しかるべき時期に望ましいホルモン量が分泌されているかを検査します。


・卵管造影検査
子宮に造影剤を入れてX線撮影を行い、卵管から造影剤が腹腔にこぼれないかどうかを確かめます。
軽度のつまりであれば、検査によって通りがよくなることもあり、検査後数か月間は妊娠率が上がると言われています。


・精液検査
精液を採取し、数や運動、形状を顕微鏡下で観察します。
結果が思わしくない場合は、超音波検査や触診などの精密検査が行われます。


不妊の原因を早く突き止め、治療への計画や、ステップ、問題意識などを共有するためにも、最初は夫婦で一緒に受診することをおすすめします。
お互いが納得し協力しあえる環境で、思いを一つにして治療を乗り切り、子宝という目標にたどり着きたいですね。