症状別ページ

体外受精で生まれる子は、双子が多い?

体外受精では、1980年代初めまでは余った受精卵の凍結ができなかったため、受精卵をたくさん子宮内に戻していました。
そのため5人に1人くらいの高い割合で双子ができ、中には三つ子となることもありました。

多胎妊娠は母体の負担も大きくなりますし、4~5割が早産となり、様々なリスクを負うことになります。
未熟な身体で産まれてきた赤ちゃんと、小さな身体にたくさんのチューブが繋がれたわが子を目の前に、不安でいっぱいになった両親を多く抱えた周産期施設は、不妊治療のあり方に疑問を呈しました。
そして2008年、日本産婦人科学会は「子宮に戻す受精卵の数は原則1個」とし、多胎率を下げることができました。

しかし、この見解が守られないケースがあることや、体外受精には一卵性双生児がやや増えるという現象があるため、今でも体外受精による妊娠では5%という、自然妊娠に比べると高い割合で双子の妊娠があります。
従来の不妊治療では、「どんな治療方法なら早く妊娠できるか」ということにフォーカスされていましたが、現在では「どんな治療なら安心して妊娠できるか」という観点から、将来産まれてくる子供たちのために後遺症や副作用を最小限にとどめる努力がなされてきています。