症状別ページ

「冷え性」に圧倒的な効果、足湯!

寒日が多くなると、普段冷え性の自覚がなくても「冷え」が気になりますよね。

妊活女子なら尚更「冷え」は気にしているはず。

冷えが気になるあなたに、少しでも冷えとりの参考になればと思い、
何回かに分けて「冷え」に注目して記事を書いてみたいと思います。

今回は「下半身の冷えとり」です。


冷え性対策は「下半身を温めること」が基本。

冷えは身体の内部、特に下半身からくることがほとんどです。
身体の血液は、重力の関係から約7割が下半身にあると言われています。

下半身が冷えるとこれらの血液も冷えることになり、身体全体に血液が循環しにくくなります。

その結果、肩こりや目の疲れなど、上半身にも影響が出てしまう可能性があります。

そして下半身を温める際には「ふくらはぎ」を意識しましょう。

ふくらはぎは下半身の血液を循環させる役割があるため、
温めることで下半身全体の冷え改善に繋がります。

ふくらはぎの裏にはリンパの流れが集中しているため、
ふくらはぎまでしっかりと浸かる足湯が一番のおすすめです。

浴槽に腰をかけて、バケツの中にシャワーヘッドを入れてお湯を出しっぱなしで掛け流し状態で足湯します。

ちょっと熱いかな〜と思うくらいの温度をキープ。

そうすれば10分ほどで全身がポカポカに〜^^

特に足先が氷のように冷たくなってしまう頑固な冷え性さんには必須です!

ぜひやってみてください。超おすすめです。

バケツはシリコン製の取っ手がついた高さ30センチのものが使いやすいです。

足がすっぽり入ります。