症状別ページ

排卵誘発剤はどんな時に使うの?

体外受精は卵子と精子を確実に出会わせる方法です。
その他の戦略としては、排卵誘発剤によって複数の卵子を育てるという意味合いもあります。

ヒトの排卵では、通常1個の卵を残して、他は全部消えてしまいますが、排卵誘発剤は本来ならしぼんで消えてしまう卵胞を大きくすることができます。
自然の状態でしぼんでしまう卵胞の中にも、質のいい卵子が含まれている可能性はあるのです。
というのも、自然の排卵で選ばれるおおよそ1個の卵胞は、排卵の命令が脳下垂体から来た時点で「偶然」いちばん大きかったものが選ばれているという考え方が有力だからです。

AMHが低い方は、卵子があまり残っていないため、排卵誘発剤を使用しても、採卵できる卵胞には限度があります。

AMHがまだ高い方なら良質の卵胞が残っていることが期待できますが、実際に採卵、受精、培養、移植を繰り返しても出産に至らないなら、残りの卵の質が思ったほど良くないことも考えて、この先の治療法を選ぶべきかもしれません。