症状別ページ

妊娠率を高めるために、知っておきたい「排卵検査薬」のお話

排卵日を推定し、それにタイミングを合わせる方法はいたってシンプルですが、これだけで妊娠するケースも珍しくありません。
不妊で悩んでいる方には、毎朝基礎体温を計り、しっかり記録しているという方は多いですね。

しかし、基礎体温表は月経周期の大枠をつかむことはできますが、正確な排卵日まで予測するのは難しいです。
そこで、医師に頼らず自分で排卵日の予測をするときに頼りになるのは「排卵検査薬」です。
今日はこの排卵検査薬のお話しをしたいと思います。

排卵検査薬は、薬剤師のいる調剤薬局やインターネットで購入可能です。
排卵の指令を出す黄体ホルモン(LH)の急上昇を表す「LHサージ/LHの大波)」をとらえることができる試薬です。
排卵は黄体ホルモンの上昇開始から36~40時間後に起き、そして卵子が実際に受精可能な時間は「排卵後12時間程度」と考えられています。
つまり、陽性反応が出た日、あるいはその翌日に性生活があれば、精子は受精可能な卵子と出会うことができます。

ただし、黄体ホルモンの分泌は持続時間や量に個人差があり、陽性反応が出にくい人もいるため万能とは言えません。
排卵検査薬を使ってもなかなか妊娠できないという方は、問題が隠れている可能性があります。早めにステップアップをご検討くださいね。