症状別ページ

高齢出産で生まれた偉大な人物って?

「老化しない身体」はありませんから、どんな女性の卵子も老化は免れません。
しかしここで注意しておきたいことは、卵子が老化し、質が低下してしまうといっても、母親の年齢と生まれてくる子供の能力は何ら関係がないということです。
もしも母親の年齢が若いほど、生まれてくる子供が優秀であるならば、兄弟姉妹は常に上の子ほど優秀でなければなりませんが、そのようなことはありませんよね。

高齢出産で生まれた、誰もが知る偉大な人物として、明治の文豪である夏目漱石がいます。
夏目漱石は、母親である千枝さんが42歳の時に出産した末っ子でした。
千枝さんはすでに子供がたくさんいたため、その年齢で妊娠したことを苦に思っていたようです。
一方で、もし当時に現代の避妊方法が確立されていて、千枝さんが高齢出産を防いでいたとしたらどうでしょうか。
日本文学には大きな損失となっていたことでしょう。

いかがでしたでしょうか。
その卵子が、将来人間になるものとして、どのような潜在能力を秘めているかということと、卵子の老化の問題は混同して考えてはいけないのです。
エルミタージュ鍼灸院では、高齢出産にまつわる悩み事や心配事もご相談していただけます。お気軽に足を運んでくださいね。