症状別ページ

ヨガって何?

あなたは「ヨガ」をしたことはありますか?


「赤ちゃんがほしい!」と頑張っているみなさんは、
気になっているのではないでしょうか。

当院の患者様でも、経験者が多いですね。


今回は、ヨガってどんな感じ?というあなたや、
お腹も、体も、心も整えたい、そんなあなたにもご紹介しますね。


「ヨガ」の語源には「つなげる」という意味があります。

自分自身の心と体をつなげて、体を良い状態へと導きます。

決してポーズをとることが目的ではなく、

「あ〜私の体ってこんなに固いの?」とか
「左右で可動域が全然違うな〜」とか
「気持ちいいな〜」と

自分の体の状態を意識して、
知ってあげること、そのものが「ヨガ」なのです。


そしてヨガの基本となる要素は、

呼吸、ポーズ、瞑想の3つ。


①「呼吸」:息を吸うこと、吐くことに意識を向けます。

基本的に鼻呼吸です。

身体の動きと連動させて呼吸をすることで、
身体の気が流れチャクラが刺激されます。

チャクラはインド版のツボみたいなものです。


②「ポーズ(アーサナ)」:ポーズをとることで、普段は気付かない自分の体の状態を知ります。

体力や柔軟性の向上や、血液の流れもよくなって、
デトックス効果もあります。


③「瞑想」:瞑想とは、「空」の状態になること。

とっつきにくいイメージがありますが、

いろんな事で一杯になった頭や、心をリセットできます。
特に脳のデトックスにもってこいです。


瞑想は、やり方が色々あるらしいけど、、と尻込みする方もいらっしゃるのですが、まずはただ楽に座って目を閉じるだけでOKです。


呼吸に意識を向け、周りに聞こえる音を傍観しているうちに、
体の感覚がなくなってくる感じがします。


呼吸やポーズと組み合わせることで集中力が高まり、
穏やかで、かつ揺るぎのない精神へと導きます。


いろんなヨガがありますが、
心と体をつなげて、「無」の状態へとつながる。
その基本はどのヨガも同じだと思います。


妊活だけではなく、人生のいろんな局面での助けとなりますので、
ぜひこの機会にヨガに親しんでいただけたら嬉しいです。


次回からは、どんなヨガがあるか、掘り下げてみましょう。
では今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。


あなたの笑顔が、光と共に広がって、宇宙の果てまで届きますように。