症状別ページ

「卵子が老化する」ってどういうこと?

あなたも「卵子が老化する」という言葉をよく目にすると思います。
そこで "卵子の老化"とは、具体的に何なのか、最近流行りのミトコンドリアという観点からお話ししますね。

老化した卵子の中では、すべての細胞にある「ミトコンドリア」というエネルギー産生器官に機能の低下が起こります。

良質の糖分からエネルギーを作ってくれるこの、ミトコンドリアが元気を失うことでエネルギーレベルが低下すると、卵胞内の染色体(DNA)のコピーにも 本数異常などの"転写ミス"が起きやすくなります。

染色体は身体の設計図=遺伝子/DNAで、ヒトの染色体は通常46本ですが、卵子と精子は受精したときに、男性側がその半分の23本と、女性側も半分の23本が互いに分離、合体して46本にする「減数分裂」を行います。

しかし卵子が老化すると、休眠中の卵母細胞が起き出してからの、2回目の減数分裂の過程に転写のミスが起こり、染色体の数が22本や24本の卵子もできやすくなるのです。

若い頃には少なかった、染色体異常が含まれる受精卵が多く出来てしまう結果、このような生命はほとんどが受精しないか、分割が途中で止まったり、もしくはダウン症のような特徴を持って誕生することもあるのです。

「卵子の老化」の影で、エネルギーを作り続けてくれている「ミトコンドリア」までもが老化しているなんて!ミクロの世界もアンチエイジングがポイントなんですね。